流行りの看板

うちわと焼酎

立て看板は、現在トレンドにもなりつつある緩やかな曲線を描いたタイプが主流になって行くでしょう。平面になっている真っ直ぐの立て看板と言うのは、機械的で少し硬い印象を持たせてしまう部分があります。これはお店やその業種によってはあまり良くないもので、柔らかさをアピールしたい所です。更に、平面になっていると斜めから見た時に視認性が悪くなってしまいます。見やすさを重視した場合においても、曲線を描いたタイプの方が良いのです。ビシッとした硬い印象を持たせたいお店であれば、角ばったデザインで平面のものを導入するのも良いでしょう。しかし、それ以外の気軽に誰でも立ち寄って欲しいようなお店の場合は、なるべくカーブしたタイプを選んでみて下さい。

電飾の立て看板を使う場合、場所によっては電源のコードが足りない事があります。コンセント部分まで届かず、延長コードを利用した使い勝手の悪い形になってしまいます。延長コードを使うのはもちろん見た目にも悪いですし、収納するとしてもその手間やスペースが必要になります。そうした問題を避けるためには、注文する段階でコードの長い製品を頼んでおきましょう。ネット通販では、コードの長さが注文時に設定出来る所もありますので、実際にお店で測定しながら余裕を持って選んで下さい。立て看板を置く場所からコンセントを差し込むプラグまで距離がある特殊な場合も存在します。こうした場合、長さが足りない可能性もあるので、特別長くしてもらうように問い合わせしてみましょう。お店によっては対応してくれる所もありますので、要相談です。