木製看板の魅力

枝豆とビール

看板には様々なところにあり簡単に目にすることができるものである。街中にもあれば住宅街にも存在するはたまた公園などにもあったりと人の集まる場所、目にとまる場所のスペースなどを利用していたりするのである。材質もデザインなどにこだわりを感じたりするのだがそんな中でもひときわこだわりを感じるものが木でつくられた木製看板である。木製看板には独特の風合いがありその味わいは時間を追うごとに深みが増してなお魅力的なものになっていく感じである。その木製看板は作り方として職人が手彫りで文字などを掘っていたりするようでその表現方法で迫力のもの、温かみのあるかわいらしいものまでオリジナルのいろいろな表情をだしているのである。そんな対応力が木製看板が今後も受け入れられる理由となると思う。

木製看板を目にした人ならその魅力を実感できると思う。実際に多くの店舗、会社、団体、施設などに採用されていて自分で自作する人もいるというつわものまでいるのである。自作できるのが木製看板がなせる特別なところのひとつなんかもしれない。ところでこの木製看板に注意するべきことはあるのだろうか気になるところである。いくつか考えてみることにしよう。まず基本的な事として木は腐敗するということである。原因としては木材腐朽菌というものが木質部分を分解するということらしいこれは単純に湿気、水に弱いということだと言えるようだ。どうしても屋外では防ぎきれない部分があるので定期的なメンテナンスと防水性を高める塗料を使用するなどでケアしていくことが大切だという結論に至るだろう。